男性の協力は必要不可欠

明るく楽しく行う

付き合って結婚をして最初のほうは夫婦2人で旅行に出かけたり、一緒にデートを楽しみたいとか、今はまだ金銭的に余裕がないからもうちょっとお金を貯めてから子作りに入ろう!っていう人も多いですよね。

そろそろ本格的に2人だけではなくて本格的に子供を作ろうとか、年齢的に今すぐにでも妊活をしないと!という人もいるでしょう。

色々な人が生まれてくる2人から生まれる子供を望んでいるわけです。

本当に子供と言うのは大変ですが、素晴らしいものですよね。

ただし、狙い通りに妊娠するのか?といったら決してそんな単純なものではないですよね。夫婦によってはすぐに妊活をしはじめたら妊娠で北と言う人もいれば夫婦によっては数年かかっても子供に恵まれないという夫婦もいます。

本当に子供が欲しくて欲しくて我が手に自分の子供を抱きたいと願う人は多いです。

そして不妊治療を行うという夫婦年々増えていっています。それだけ多くの人が妊活をしているといっていいでしょう。

子供が出来ないことで周りからのプレッシャーがあったり、本当に辛い経験をしている人も多いです。

そのため妊活中と言うのはストレスを非常に抱えやすくなり、普段思ってもいないことをポロッと夫婦間で出てしまうこともあり、夫婦仲が悪化してしまうこともあります。

特に女性の場合は年齢を重ねれば重ねるほど妊娠しづらくなるだけではなくて早産の可能性だったり、流産の危険性も高くなるだけではなくて胎児にも影響が出やすいと言われています。

様々な方面からのプレッシャーから女性は最も身近な夫に当たってしまうこともシバシバ出てくると思いますが、男性はそれを受け止めてあげる包容力を見せてあげるようにしましょう。

そしてなるべくならば多少無理してでも明るく楽しい雰囲気をしてあげることが大切です。

男性はやはり女性のほうが子供を授かるということに大きな重圧を背負っているということを認識してあげましょう。

妊活中は性行為をするタイミングにも気を使わなければいけません。

必ず着床しやすい排卵日を含めた前後3日間は性行為をするのが良いとされていますが、必ず性行為をしなければいけないということから男性が勃起不全になってしまうというケースも珍しくありません。

女性からしてみれば何も出来ないんだからせめて勃起をしろ!!って言いたくなる気持ちも分からなくないです。

男性からしてみれば今までは性欲が沸いた時に自由に営んでいたものが強制的に疲れていようと気分が乗らなくても行わなければいけないということがかえって性欲減衰へと至りますし、最後までしなきゃいけないというプレッシャーがより勃起不全を加速させることになってしまうのです。

そういったときも1人で抱え込まずにED治療薬を使えば良いのです。

妊活中なのにED治療薬を使用して胎児に影響が出るのではないか?って不安に思うかもしれませんが、不妊治療の専門医がオススメするのがED治療薬です。大体その時は即効性に優れたレビトラを渡されることが多いようです。

他にも副作用があまり強く出ないとされているシアリスを渡されることもあります。

今まで別に勃起不全ではないという人でも念のためにED治療薬を渡されるというケースもあるようです。もちろんED治療薬が原因でこれまでに染色体異常になったとか、子宮に悪影響が出たという報告は一例も報告されていません。

なぜならED治療薬は血管を拡張させて血流をよくして、勃起を長持ちさせるようにサポートしてくれるものですから精子や卵巣に影響を与えるというものではないのです。

そもそも不妊治療の専門医が渡してくれるということですから安心して服用することは出来るのです。

女性からしてみればせめてきちんと性行為をして欲しいと思いますし、男性としても俺が原因にはなりたくないと思うことでしょう。

病院に行くのが恥ずかしいとか面倒と思っていかないのであれば医薬品を個人輸入してしまえば良いのです。

個人輸入であれば日本では販売されていないシアリスジェネリックの医薬品などを手に入れることも出来ますし最新のバイアグラより凄い!次世代のED治療薬もあるのです。

妊活中と言うのは色々なことが重なります。

ですが、考えようによっては自分が出来るやれることをやる!ということさえしておけば後はもう任せるしかありません。

運に任せたり、医学に頼ったりすることもあります。中々懐妊とはいたらずに苛立つこともあります。

ですがそれでも2人でしっかりと相談をして出来ることはやろう!でもそれ以上のことを求めようと思っても仕方が無い!とある意味では割り切ることも時には大事なことです。妊活中で最も大事なことはストレスを溜めないことが大事なんです。

ここでは妊活から出産までをしっかりと紹介していきたいと思います。

考えすぎてもいい結果にはなりません。ある意味では吹っ切れることが重要になってきますが、それでも出来ることは100%したいと考えるわけですから当サイトではそのお手伝いをしていきたいと考えています。

夫婦で行うポジティブ妊活生活

↑ PAGE TOP