男性による不妊とは?

女性だけの問題ではない

未だに多くの人が勘違いをしているのが不妊というのは女性にしか原因がないと思っている人です。

特に老人に多い傾向がありますよね。はっきり言って子供が欲しいと思っている夫婦からしてみれば容赦なく孫を早く見せろ!というのはとてもストレスを感じるものです。

女性だけに原因があると思ってしまってついつい女性のほうに冷たく心無い言葉を浴びせる人が多いですが、実は不妊の半分が男性が原因と言われています。

男性不妊も増えているのでもしかして子供が中々出来ないのは自分が原因かもしれないと男性は思っておいたほうがいいでしょう。

男性不妊の原因として大きく2つ考えられます。

1つは先天性の男性不妊の原因は、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響から性機能不全になるものです。

例えば勃起不全で最後まで性行為が出来ないとか挿入が出来ずに射精に至らないや遅漏などが原因として挙げられます。

もう一つの後天性の男性不妊は、ストレス、糖尿病、アルコール、喫煙、病気や薬、手術の影響、などによって精子にうまく機能しなかったり、射精に関するとトラブルが原因で起こります。

男性不妊の原因ですが、およそ9割が造成機能障害です。

精子を作り出す機能自体に問題が発生してしまい、精子をうまく作れない状態です。

一度の射精で精子の数は数億とされますが、最終的に卵子の周りにまでたどり着くのは百匹いない程度と言われています。

そもそもの分母の数が少なかったり、運動性の低い場合は卵管に到達する前に精子が減ってしまい妊娠しない原因となります。

造成機能障害にも3段階あります。

■精子無力症・・精子の数は正常にあるけれど、製造された精子の運動率が悪い症状のことです。

■乏精子症・・・精液の中に精子はいるけれど、その数が少ないという症状です。

■無精子症・・・精液中に精子が一匹もいない状態の症状です。

3段階の中で精子無力症が軽めの症状で最も重いのが無精子病ですが、精巣や精巣上体に精子が存在していれば、顕微授精などの不妊治療で受精・妊娠することは可能です。

近年までは無精子症に関しては妊娠を諦めていましたが、科学の進歩によって妊娠した例もあるのです。

【顕微授精】と呼ばれるものであり、手術で睾丸を切って精子を1匹でもいれば受精卵を得ることが出来るのです。

不可能とされてきたものが妊娠することが可能となったのです。

昔では不妊が原因で離婚をしたりしている家庭も珍しくなかったのですが、今では科学の技術によって多くの家庭が人知れず救われてきたのです。

妊活を始める前にまずは不妊治療の専門医に相談をしてお互いの精子や卵巣に問題がないのか確認をとることも大事です。

まずは問題がなければタイミング法などを使い、どちらかに問題があればしっかりとお互いにどうしていくのかを話して向き合うことが大切なんです。

夫婦で行うポジティブ妊活生活

↑ PAGE TOP