夫婦で行うポジティブ妊活生活

出産後に気をつける点

安静して体を治すことを気をつける

無事に赤ちゃんを出産して幸せを家族でかみ締めていると思いますが、休んでいられる時間なんてないと考えている人も多いはずです。

出産をしたらすぐに仕事に戻らなくてはいけないとか、出産をしたら今まで家族に迷惑をかけた分しっかりと過ごさなくてはいけないと考えている人も多いはずです。

しかし、産後ほど安静にしなくてはいけないのです。

“産後の肥立ち”という言葉があるように、一年間かけて妊娠・出産と言う大きなことをしてすぐに体力が回復するというものではありません。

例えば骨折をして医者に診て貰ったからと言って翌日に体が元通りにならないですよね。

1年間もの間出産をするまでに体の仕組みが変わり、出産と言う命の危険にまで至るほどのことをしたものは長い時間をかけて回復させるしかないのです。

出産して一週間で家事をするとか無茶をいう旦那や家族がいたらさっき上げた骨折の話を例にしていって理解をさせましょう。

中には理解されずに横暴な意見を言う人もいますが、そういった人の側にいないで実家などにいってとにかく体を休めることを第一にしてください。

退院のときですら歩くのは極力避けなくてはいけないぐらいです。

絶対安静なんです。具体的にどれくらい休まなければいけないのかと言うと産褥期(さんじょくき)と呼ばれるもので産後からおおよそ6~8週間かかると言われています。

つまり約2ヶ月間は安静に過ごさなくてはいけないのです。

よく聞くのが1ヶ月間休めといいますが、厳密にはその2倍は休まなくてはいけないのです。

この産褥期(さんじょくき)をしっかり休めておかないと将来更年期障害になったときに重くのしかかってきてしまったり、産後うつになってしまったりする様です。

とにかく自分で家事をしようとするのではなくて家族に任せて過ごすということが大事です。

産褥期(さんじょくき)の過ごし方として大事なポイントがあります。

・心身を十分に休ませる
・入浴は控える
・バランスの取れた食事

仕事をするのはもってのほかで、休養を取るようにしましょう。

体をちょっとずつ動かしていいのは産後2週間以上たってから体の負担がかからないものから行いましょう。

ただでさえ赤ちゃんのなれない世話などで寝れない日が続いているので旦那や家族に家事を丸投げするようにしましょう。

出産をして体の内側がボロボロになっているわけです。

外傷ではないので中々気付きにくく、特に旦那からしてみれば出産の痛みや辛さを経験していないわけですのでどうしても理解してもらえない部分はあるかもしれませんが、絶対に無理をしてはいけないのです。

この産褥期(さんじょくき)の過ごし方を安静に過ごすかどうかでこの後の長い期間を苦しんだりする可能性もあるということは理解してください。

夫婦で行うポジティブ妊活生活

↑ PAGE TOP