夫婦で行うポジティブ妊活生活

出産の費用や助成金

貰えるものは貰おう

子供を授かることが出来て嬉しいですよね。

しかし、出産ってお金がかかるって言いますよね。また、妊娠中と言うのは大事をとって途中で産休に入ったり、そのまま退職を呼び無くされてしまう女性も多いです。

今まで夫婦2人で生活をしていたものがこれから先は旦那1人の稼ぎでやっていかなくてはにけないとかを考えると何かと不安に感じる部分も多いでしょう。

だからこそ前もってどれだけお金がかかるのかと言うのを把握しておきたいという人もいると思いますのでここで紹介していきたいと思います。

入院費用や出産費用などはもちろんのこと、結局トータルでどれぐらいのお金がかかるのかというのを把握しておかなくてはいけません。

結論から言うとトータルで表すと大体平均して100万円はかかると思ったほうがいいでしょう。

しかし、実際は出産一時金や地域によって助産金などが出るので上手に活用しておきましょう。

国や自治体から助産金を受け取ることは別に何も間違ったことはありません。正しい権利ですから知らない人はただ損をしてしまうだけで勿体無いです。

まず最初に妊娠をしたらかかるお金と言うのは妊婦健診です。

これが最初の月は月に2回ほど行い、それから月に1回ペースで健診となります。

1回あたりの診察料としては1回4000円ほどかかりますので年間に計算すると約6万近くかかります。

年間通すと14回健診することになりますが、ほとんどに自治体が14回の妊婦健診、約10万円程度の補助もしくは回数券を発行してもらえます。

マタニティー用品とベビー用品を用意するのにかかる費用の平均は5~10万円がかかります。

ベビーベッドやチャイルドシート、ベビーカーなどを考えるともっとお金がかかってしまいますよね。

ですので全部新品でそろえようとすると30万近くかかってしまうこともあるのでレンタル用品を上手に使ったり、オークションやネットの個人売買サイトなどを使ったりしましょう。

初めての子だからどうしても新品を用意してあげたいと思っている人もいるかもしれませんが、どんどんお金はかかりますので将来的に抑えられるものは抑えましょう。

他にもマタニティウエアやパジャマ、腹帯など必要なものはどんどん出てきます。

そしていざ買って必要の無いものとして上げられるのはベビーベッドです。動物を飼っているならばまだしも飼っていないのであれば必要なかったという人が多いので本当に必要なものかどうかはしっかりと吟味しましょう。

最後に出産費用ですが、大体40万ぐらいがまずかかります。さらにそこから個人の部屋だったり、緊急手術が必要だったり、無痛分娩の選択などをするだけでも料金にバラつきがあります。

総額100万円を超えるケースも発生したということも東京都内では起こりうるのです。

ただし、通常の手術であれば大体40万前後が相場となっています。

そして40万円前後であれば、出産一時金で賄えます。

出産費用に関してはそこまで心配をする必要も無く今ならば病院からきちんと説明をされると思います。

それから色々と食事にもこだわったり、葉酸サプリなどを購入したりと細かいお金がかかります。

それを腹待て大体トータル100万円から出産一時金や補助金などを活用して減らしていきましょう。

年間で考えると30万ぐらいはかかるということを覚悟しておきましょう。

夫婦で行うポジティブ妊活生活

↑ PAGE TOP