夫婦で行うポジティブ妊活生活

不妊治療について

人工授精のリスクもある

一般的に結婚を考える年齢で、避妊せずに夫婦生活を送っていた場合、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠すると言われています。

言ってしまえば避妊していないとすぐ子供が出来てしまうというのが本来であれば自然なのです。

つまり結婚をして子作りに励んで3年経つけど子供が出来ないから不妊症なのかな?って思う人もいますが、統計的に見れば不妊症なんです。

周りからしてみるとどうして子供を作らないの?という素朴な疑問として沸いてくるわけです。

子供が欲しいと思っている人からしてみればなんて無神経な言葉だって思うかもしれませんが、ある意味では自然な質問なのかもしれません。

色々と妊娠しないということで不安になって不妊治療について勉強している人も多いと思いますが、不安に感じるのはやはり金銭面ですよね。

不妊治療というのは色々な種類が存在するので紹介していきます。

まず一般的になのがタイミング法と呼ばれるものです。最初に行われることが多いです。

詳しくは性行為をする時間帯をご覧下さい。

ここでは人工授精と体外受精においてどういったリスクがあるのかや金額面について紹介します。

【人工授精】

人工授精の治療法ですが、一般的に採取後に洗浄・濃縮した精子を細い管を使って子宮の中に注入します。

健康な精子を集めて子宮の中まで移動する手助けをして受精と着床は自然着床と同じです。

人工授精にかかる時間は通常1~2分ほどで終わりますし、痛みも感じません。

人工授精が行った後は通常通りの生活で特に何か制限をする必要もありません。

治療はとても簡単に行えますし、痛みも無いのでストレスもそこまで感じないのが人工授精の特徴です。

妊娠の確率としては低く平均して5%~10%ですので1回の人工授精で成功する確率は少ないといえますし、年齢などによっても変わります。

人工授精で妊娠した人の約90%が4~5回目で行われているのでその倍の10回すると期限を設けて行っても良いと思います。

人工授精の費用は1回につき約2〜3万円が目安と考えてください。

【体外受精】

体外受精の治療法ですが、体内での受精が難しいと考えられる場合に行われるもので、採取した精子と卵子を受精させて受精卵になったものを子宮に戻して妊娠を目指す方法です。

卵子は培養液の中で確認し、精液からは運動性の高い精子のみを取り出し、受精させて受精卵となったものを培養し胚にしてこの胚を子宮内に移植するのです。

体外受精の妊娠率は、女性の年齢によって異なりますが、35歳以下では約35%~40%で、40歳で約25%、44歳でも10%ほどあります。

正し、病院によっても技術や環境が違うので医療機関によって結果に差が出るとも言われています。

体外受精の費用ですが、費用は全て実費払いとなり卵巣刺激法や採卵、培養、胚移植などの方法で大きな開きが出るだけではなくて病院によっても料金が変わるといわれています。

簡単な参考までに妊娠が成功した場合は50万円~100万。妊娠しなくても1回当たり、25万円前後かかります。

ただバラつきがありますので大事なのは1つの病院で判断するのではなくて複数の病院で判断するようにしましょう。

夫婦で行うポジティブ妊活生活

↑ PAGE TOP